40で生まれ変わる

鷹の選択…鷹は40年以上生きると、何もせず死ぬか、自らクチバシを折り爪をはぎ羽根を抜いて生まれ変わり30年生き延びる。自分も40才を超え、今のままでは生きていけないことを悟り、起死回生をしなければ…

ここんとこずっと仕事しています。このままフリーランスになりそう。

f:id:ame8:20170604073611p:plain

お世話になっております。

 

おつかれさまです。

 

ご確認ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

・・・

 

ここ1ヶ月以上、これを何度書いたり言ったりしたことか。

 

なんか仕事が忙しいです。

もっと気楽にやってるはずだったのに。。

疲れています。

 

ちょっと前までは、不安でした。

このままフリーでやっていけるなんて期待したらいけない。

就活もしないと・・・ と。

 

と思っていたら。いつの間にか毎日仕事をしている。

ドラマも見ていない。(さっき一段落ついたのでまとめて見ました)

 

先週は徹夜したりもあったし、打合せが2回もあったし、働き詰めです。

そしてまた、新しい依頼が入って、その後、別の人から「こういう仕事を来週頼む予定です」と押さえが入ってきて。

「こういう仕事(壁面デザイン)があるので、見積を出してください。」(確定ではないけど)と言われたり。

 

うれしい悲鳴というか、なんか流されている感も。。

自分でコントロールできていません。

まだ、できる範囲なのでいいのだけど、別の仕事、入れれるんだろうか…という新たな不安が。

 

今、契約して仕事をもらっているのは1社。

大学時代の同級生が「グラフィックデザインの仕事をしない?」と声をかけてくれて、それから契約だけして仕事は何もせず1年経って、やっと先月から仕事を始めました。

なんとなく、ちゃんとできるかな?とか、安く叩かれるんじゃないかとか、友人がクライアントだから失敗したら恥ずかしいとか、怖くて断っていました^^;

 

で、「そろそろ1年になるけど、契約切られちゃうし、やってみないか?」とまた声がかかり、ちょっとやってみようか と引き受けました。

 

 

① ロゴマーク2件。

正直、仕事でロゴを作ったのは初めてで、こんなんでいいのかな?と思いつつ、たくさん案を出しました。

「多すぎて決めにくい」とクレームが(笑)

そうだけど、クライアント(下)のクライアント(上)への提案だから、私には上クライアントの意向がわからないので、どれがいいのかわからないのです。

1件は修正なし、1件は3回の修正の後、無事に決まりました。

しかし、今見ると、非常に細かい部分(ディテール)で直したい部分がすでにあります。

でも決まったものは、もう変えられない。

デザイナーとして、恥でもあり、申し訳ない気持ちです。

でも、これは墓場まで持っていきます(ここで言ってるけど)。

 

 

② プレゼン資料の作成と、その表紙と、下部の帯部分のデザイン。

これは時間がなくて結構きつかったし、デザインも難しかったです。

友人のペンで殴り書きの文章を理解して、図を加えて、レイアウトして、イメージ画を考えて。

でもこれが、一番安い案件。資料という性質上、意匠デザインではないし、そんなにお金がかけられない というのを、なんとなく感じます。

この仕事は早く慣れて、さらっと仕上げるよう効率良くしないといけないな。

文章も扱うので、別の意味で楽しい分野でもありますけど。

 

 

③ ロゴタイプこれはフォントを3つ選ぶだけの簡単なものでした。

とはいえ、イメージに合うフォントを、たくさんのフォントから選び出し、それでも今ひとつ決めかねて、ネットでフリーフォントもいろいろ探して。

一番めんどくさい・・・あまり楽しくはないです。が、作業に対して金額は一番良いです。

 

1案は「これで決まるだろうな」という押しの案

他2案は、押しを引き立たせる捨て案

とはいえ、自分でも決めがたいほど「どれも良いな」と甲乙つけ難いものを出します。

 

上クライアントは押し案を選んだようで、予想どおりでした。

下クライアントは捨て案をいいと思ったそうで、してやったり です(笑)

 

押し案に似たフォントで捨てがたいもの(A)がありました。でも、この二つがあったら、私はこっちを選ぶだろう、このコンセプトに合うのはこっちだから。と選定しました。

押し案はそれほど一つ飛び出た存在感を感じます。

そして、捨て案には、押し案とは違うテイストのものを選びます。さっき捨てたもの(A)の方が良いけれど、あえてAは捨てて、タイプの違う下位のものを並べておきます。

すると、クライアントも当然、押し案を選びますよね。

 

この手法は、友人から学び取りました。

友人(会社、業界的に)も、案を出すときに、押し案と捨て案を出します。

「押し案しかいいと思ってないから捨て案なんてやりたくない」と言いますが。

ロゴと違って規模が大きいので大変そうです。

こういう仕事を20年もやってきた友人、尊敬します。

辞めたい辞めたいって言っていたけれど(笑)

捨て案に割く時間は正直言って無駄ですけれど。クライアントをすんなり納得させるには必要なのです。

 

 

④ 壁面デザイン(イラストレーション)。やっとグラフィック的な仕事!

「コンセプトがちょっと難しい」とクライアントは言うけど、私はシンプルに素直にコンセプトを洗い出して、それらを融合する感じで組み立てました。

これも短納期でした。

資料探し→アイデア・要素出しコラージュ・要素組み立て作成という工程は、徹夜もやむなく、ごはんもろくに食べず(仕事に集中しているとつい忘れます)、勢いで仕上げました。しかし楽しかった!アドレナリン出まくりでした。

頭に浮かんだイメージを具現化できたことに興奮しました。

 

そして、その作業中に、先日出したコンペで入賞したと連絡が来ました。

クラウドソーシングなので賞金(報酬)は安いのですが、320人中、2位と4位を獲得。10位まで入賞で報酬が出ます。

しかしそこから2割ほど手数料を引かれてしまうので、本当に微々たるものです。2つで1万6千円ちょっと。安いなぁ・・・。

その作品は3件(1件はレイアウトを変えただけ)提出しましたが、2日くらいで作りました。だからまぁいいか。

たった1万6千円で著作権まで持っていかれてしまいますが。修正が入ったら応じないといけませんが。

まぁ勉強代ということで。修正が入ったとしても、もっと良くなる方法を知れるなら良いではないか。

 

何より、デザインに対する自信がつきました。

このコンペは、一般人の投票で順位が決まるというもので、私の作品を好きだと思ってくれた人がいるんだ という励みになりました。

 

それでいい気になって、仕事もやる気が出て、のびのびとできた気がします。

喜びに浸りたいのを抑えて、仕事仕事と気持ちを切り替えて。

 

そして、自信を持って提出した制作物は、クライアントも「そうです、こういうことです!これで打合せに臨みます!」と喜んでくれました。

打合せ後「好感触でした!それで、別の場所のデザインもお願いしたいということになりまして、週明けに打合せに来てもらえますか?」ということに。

「わー。よかったですね!」と私が言うと「はい!ありがとうございます!」とクライアントさん。逆じゃない?^^;

 

 

④ 柱・壁のデザイン(イラストレーション)。

前のは子供向けでしたが、今度は大人の女性向けです。私の好きな雰囲気、コンセプト。だからこそ難しい。こだわって悩んでしまいそう。

 

打合せ帰りに町のお店を参考に見て歩き回り、本屋に寄りました。カウンター席に座って試し読みができる大型書店で、昼間も人が多いです。

イラストレーターの本をいろいろ読みました。2冊ほぼ読んでしまいました。

閉店時間になるので、読めなかった1冊を買って帰りました。

PhotoshopIllustratorでつくる手描き感デザイン」という本です。

手描き感。今回のコンセプトに必要な要素なのです。

イラレはまぁまぁ使いこなせている方ですが、手描き感は苦手というか、正直、手法をよく知りません。

いつかはやりたいと思っていたので、この機会に習得してしまおう。

とはいえ、時間はあまりないので、選んで利用します。

 

イラレの本はたくさんありますが、やはり、センスのいい実例が載っているものが一番ですね。手法だけわかっても、センスまではなかなか得られません。真似をするのが一番早い。

この本は今ある(見た)中で一番センスが良いと思いました。直感的に。

2千円ちょっとでこの技を得られるなら安い。ケチな私が定価の本を買うなんて久しぶりです。

 

手っ取り早い素材集もたくさんありましたが、やっぱり作れないと自由になれないし、自分でやったという自信になりません。

私に必要なのは、自由と自信です。

 

それは、今から作るのですが、まだ全然構想も決まっていません。なんとなくイメージはありますが。どんなものになるのか、自分でもわかりません。ちゃんとできるのか不安だけどわくわくします。

 

 

⑤ テナントサイン。

これはクリエイティブなものではなく、事務的な仕事です。

すでにある枠に、ロゴや写真のデータをはめ込むだけ。

なんだけど、扱いにくい状態のデータを渡され、苦労しました。

ファイル名が文字化けしたmacのデータ。あぁ、これか。。

開けばわかるだろうと思ったけどどの店の写真なのかわからない。

そこで、ネットで調べてExplzhというフリーソフトを使いました。

これでファイル名を正しく変換することができました。

 

さらに困ったのが、新しいバージョンでpdf情報もないaiデータ。

うちのイラレでは開けない!どうしよう、CCを買うしかないのか・・・?

「そうだ!体験版を入れよう!」早速体験版をインストールして、開けました!

バージョンを落として保存。ふぅ。

ちなみに今は体験版は7日しか使えないのですね。以前は1ヶ月だったような。

まぁ、助かったのでありがたいです。

 

それでなんとか仕事を終えました。

が、データが揃っていないので、まだ完了ではなく。めんどくさいな・・・。

こういうのが一番嫌いです。楽しくもなんともないし。多分安いし。

とはいえ、自分が金額を決めるので、今回は苦労したので高めに請求しようと思います。

 

 

・・・これから④の仕事をします。3日で。正直、時間が足りない。

この仕事は15~18万円請求するつもりです。③も。すんなり通るかやや不安ですが。

知人に話したら「もっと高くてもいいんじゃないか?」と言われましたが、あまり高くしても、依頼が無くなったら嫌だし。悩ましいです。

まだ相場、適正価格がわかりません。

 

この仕事が終わった頃にまた依頼があるそうだし、休まらないなぁ。。

 

こないだ買った食材が腐らないうちに料理をしないと。今日こそは・・・!

構想を練りながら料理や洗濯など家事をしようと思います。

最近、生活がままならない感じです。

 

フリーランス、楽しいです!(今のところ)

家で仕事できるっていいね!

 

ただ、土曜も日曜も関係ないです^^;

(友人からの温泉ドライブへのお誘い、断りました・・・残念)