40で生まれ変わる

鷹の選択…鷹は40年以上生きると、何もせず死ぬか、自らクチバシを折り爪をはぎ羽根を抜いて生まれ変わり30年生き延びる。自分も40才を超え、今のままでは生きていけないことを悟り、起死回生をしなければ…

免許証の写真がサイアクで落ち込む。

f:id:ame8:20161107201459p:plain

先日、免許更新に行ってきました。

ゴールド といってもただのペーパードライバーですが。

この地域のゴールド免許更新は、都心部に専用の更新センターがあるので簡便でした。

 

平日午後の開始時刻ちょっとすぎに行くと、結構たくさんの人が待合にいました。

とはいえ平日なので少ない方だと思います。

待ち時間も20分ほどでした。

自分が終わったときにはもう待合にはほとんど人がいなかったので、遅い時間に行く方が待たずに済みそうです。

 

1.「運転に支障のある疾患などがあるか」という質問用紙と、申請書に名前と連絡先と暗証番号などを書いて受付に渡す

2.更新料3千円を支払う

3.講習等の本を受け取り、「1口400円~、ゴールドの人は2千円を寄付をしてください」といきなり言われて戸惑いつつお断りする

 …「なんで2千円?」と思ったけど、恐らく1年400円で、ゴールドは5年更新だから5年分の2千円かな?唐突だし、ちょっとイヤな感じがしました。。

4.簡単な視力検査

5.古い免許証を回収(返還希望すれば後で穴あき状態で返してくれる)

6.写真を撮る

7.講習を受けて終了

手続きが10分くらい、講習が30分。待ち時間も含めて全部で1時間くらいでした。

 

最後に新しい免許証をもらうのですが。。

写真の顔がひどくてショックでした。。

目が半開き・・・・(-_-)

 

「レンズを見て」という言葉に気をとられているうちに撮られてしまいました。

合図くらいしてくれればいいのに。

お金払ってるのにひどいよな・・・。

準備ができるまで手を顔に被せておけばよかった。

 

この写真で5年かと思うと、気が滅入りました。

 

自分で用意した写真を持っていってもよい とあったので、次回からそうしようかな。

ついでがあれば だけど。

自分できれいに撮れるなら、それをコンビニで写真プリントしても良いだろうな。

 

免許証の写真なんてどうでもいいのだけど、目につくたびに思い出してイラつきそう。

知人に見られさえしなければどうでもいいのですが。

 

免許証は5枚目ですが、結構顔が変わってます。

13年前の写真が一番きれいでかわいい(自分で言う 笑)28才か・・・。

これと今回の写真、まったくの別人。。

 

それより若い26才のものはこれまたブサイクです(笑)

この頃はまだほとんど化粧をしてなかったようです。

 

奇しくも、この26才のときと、今回は、同じ地域での更新です。

どうやら、この地域の更新センターのカメラには、ブサイク加工がされているようです(というか撮影のタイミングが最悪)。

 

次は46才か・・・。

その頃にはもう写真の写りなんてどうでもよくなってそう。

そんなことより、ちゃんと仕事しているだろうか・・・。