読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40で生まれ変わる

鷹の選択…鷹は40年以上生きると、何もせず死ぬか、自らクチバシを折り爪をはぎ羽根を抜いて生まれ変わり30年生き延びる。自分も40才を超え、今のままでは生きていけないことを悟り、起死回生をしなければ…

月がきれいな夜だから。

休日 生活 趣味

今日から休み(無職)だ!

 

眠いのに、なんだかうれしくて夜更かししてしまう。

 

明日の予定がないって、なんて幸せなんだろう・・・!

 

そして11時に起きる。

外は雨。

 

出かけたいのになぁ・・・

雨だと出かけられない。

 

電車の定期が今日まで。

使わないともったいない。

 

そういえば、今年はまだ初詣にも行ってない。

こっちに越してから、ちゃんと神社にお参りに行っていない。

電車に乗って、大きな神社にお参りに行こう!

 

あと、途中の駅で某薬局に寄って買いたいものがある。

定期を使い納めしよう。

 

と思ってたんだが、、

雨だと行く気になれない。

 

ホットケーキを焼いて食べて、のんびりしていると、

眠気が・・・

 

ちょっとだけ・・・と机に突っ伏して寝る。

1時間くらいして目が覚めると、

手首に机の縁の跡が。血管を潰していた。

手がすごくしびれる。

 

こりゃいかん。

と、少しだけ、ベッドで寝ることにした。

 

そして、起きたら、外は暗い。

19時半を過ぎていた。

 

あーあ、、無職初日からこれか・・・

でも、眠気には勝てないんだよねぇ。

 

雨は止んでいた。

体は元気が有り余っている。

 

散歩がてら、薬局に行こう。

20時すぎ、仕度をして出かける。

 

仕事帰りのサラリーマンが帰るところ、

私は逆に出かける。

 

駅までは片道18分も歩く。

それから電車を待ち、乗って、降りて、

片道12分歩く。

お目当ての薬局に着く。

 

まずは、何を買うか物色する。

ここはいろいろ安いから、買いたいものがたくさんある。

それからカゴを持って、商品を詰め込む。

カゴいっぱいになって、かなり重い。

 

7千円近くも買ってしまった。

もうしばらくこの店には来れないので、

買えるだけ買った。

どれも日常使う消耗品なので、無駄遣いではない。

持てるならもっと買いたいくらいだが、充分だろう。

 

重い荷物を両手に持って、来た道を帰る。

 

月がきれい。

 

満月は明日だけど、充分丸い。

月を見上げながら歩くと、長い道のりも、重い荷物のことも、

意識がそっちにいかないので、わりと早く着く気がする。

 

私は月が、特に満月が好きだ。

夜道を歩くときは、必ず、月を探す。

 

寂しい帰り道も、心細い夜道も、

月があるだけで、なんだかほっとする。

 

月はいいなぁ。

税金もないし、食べたり、面倒な生活をしなくてもいいんだから。

私も月に生まれたかったなぁ。

今度生まれ変わるなら、宇宙に浮かぶ星がいいなぁ。

 

そんなことを思いながら、重い荷物を持って歩く、41のおばさん。

 

いや、年も、おばさんも、関係ない。

昔からこうなのだ。

私は変わってない。

みんなが年相応に変わっていっただけだ。

 

多分、60になっても、80になっても、変わらないだろう。

「どうやったら、今よりも楽しく、楽に生きられるだろう?」

それだけが、私の目指すことだ。

 

月が変わらないのと同じ。

私も変わらない。

 

 

駅近くの踏切を待っていると、乗るべき電車が行ってしまった。

それから25分も待たされて。

夜風が冷たく、体が冷えてしまった。

 

夜道は、車も人も少なくて、歩きやすい。

道が貸切のようだ。

月も明るい。

 

荷物は重いけど、この負荷がいい運動になる。

ただ歩くだけではあまり意味がない。

帰って荷物を置くと、体が軽い。

これから毎日家にいるから、散歩でもしないと太ってしまうなぁ…

どうしよう。

 

帰ってきたら、もう23時だった。

まだまだ元気だ。困ったな。