読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40で生まれ変わる

鷹の選択…鷹は40年以上生きると、何もせず死ぬか、自らクチバシを折り爪をはぎ羽根を抜いて生まれ変わり30年生き延びる。自分も40才を超え、今のままでは生きていけないことを悟り、起死回生をしなければ…

★面接・ワンポイント

【面接でよく聞かれる質問】


「他に受けているところはありますか?」

 

「はい、受けています」

 と答える方がよいです。

 

実際には受けていなくても です。

 

*** *** *** *** *** ***

 

実際、面接官が、

「他の会社に行ってしまうかもしれないから、早く返事をするように、上に言っておきます」

と、その場で私に言いました。

 

しかし、返事はとても遅かったです;

3週間もかかりました。

 

本当に上(本社・社長等幹部)が時間かけて検討するようで^^;

「何にしても決定がいつもすごく遅い」とぼやいていました。

 

 

そして、結果連絡が来る間に3,4回、

「聞きたいことが…」と電話があったのですが、

そのたびに

「他に受けていたところはどうなりました?」

「もう他で仕事をしていますか?」

「今はどんな感じですか?どうしていますか?」

と、質問されました。

 

「あれから変わっていません。

 いくつか辞退したところもあります。」

と、返事しました。

 

「辞退」ということは、

・結果が出る前にこちらから断ったか、

・採用になったけど断ったか、

ということを意味します。

 

「辞退することもある」というちょっと強気な態度

「他でも選ばれるくらい優秀」というふうに、自分の価値を高く見せる

という効果があると思います。

 

もちろんそれで合格となるわけではないですが、

多少の演出は、自分を有利にさせるために使った方がよいかと思います。

 

 

「他に受けていません」と言うと、

「貴社が本命です!」と思わせることもあるかもしれませんが、

大体は、行動力がない、動きが鈍い、のんびりしている

と思われることが多いです。

 

「短期間で決めたいんだ!」という必死さを伝え、

「うかうかしてると良い人材を逃す」と焦らせる。

そういう心理戦でもあります。

 

前のめり、必死さ、真剣さ、本気、行動力、積極性

を感じさせることは、とても大事です。

これが第一といっても過言ではないかと。

経験・スキル等の比較はその後です。(多分)